資産形成
お考えの方へ

不安の多い時代の自己防衛策として“資産づくり”としてのアパート経営があります。
なぜアパート経営が“資産づくり”に有効なのか、その理由をご紹介します。

- アパート経営は“資産づくり”になぜ有効なのか? -

アパート経営はローリスク・ロングリターンな堅実な投資。自己資金が少なくても投資ができ、家賃収入でローンを返済しながら安定の利回りによる、安定したキャッシュ・フローを受け取ることができます。

安定収入が見込めるアパート経営

アパート経営のメリット・利益についてご説明いたします。ローンは家賃で返済していくため、長期安定経営のローリスク&ロングリターンを見込めます。

自己防衛の手段には、株式投資や投資信託といった資産運用もあります。では日本ハウスのアパート経営を選ぶメリットは何でしょうか?

まず第一は、ローリスクかつロングリターンであること。
毎月のローン返済額よりも家賃収入額の方が多くなるように資金計画を立てているため、安定の利回りによる、安定したキャッシュ・フローを受け取ることができます。

しかも、ローン完済後には家賃収入がそのまま収益となり、さらに無借金の土地と、建物寿命の長い鉄筋コンクリート造による建物も資産として手元に残すことができるのです。普通は土地の資産はのこりませんが、これが構造の違いです。
また日本ハウスの提案するローンは、基本長期の借入をおすすめします。毎年の完済リスクを軽減し、より多くのキャッシュフローを得ることが出来ます。また長期に組んでも建物は法定効用年数内に終わります。

POINT

アパート経営はローリスク&ロングリターンで堅実な投資。無借金の土地が資産として残ります。

無借金の土地と建物が手に入る

安定した資産形成で
無借金の土地と建物が手に入る。

イメージ

マンションの1室に投資した場合、老朽化にともない価値が下がっていき、売却や建て替えも容易ではありません。
一方、アパート経営の場合は建物が老朽化しても、普通価値のある土地だけが資産として残ります。つまり、家賃収入の中からローンを返済していくだけで「資産形成」ができますが、日本ハウスは日本ハウスの建物が鉄筋コンクリートであることにより、より長い安定した収入を得ることができ、建物も資産として残ります。

土地があれば、将来の可能性が広がります。

日本ハウスでは、アパートのリノベーションや、土地売却に関するご相談も承っております。お気軽にご相談ください。

POINT

ローン完済後、無借金の土地と建物が自分のものに!アパート経営の最大のメリットは、資産形成ができること。

年金対策の不労所得として

アパート経営による不労所得である家賃収入は減少傾向にある年金収入への対策となります。家賃収入を上げ効率的に不労所得を得ることにより、老後の年金対策を行いましょう。

イメージ

少子高齢化は加速の一途をたどっており、年金受給年齢の引き上げも検討されるなど、公的年金だけでは豊かなセカンドライフを実現することが難しくなりつつあり、老後の保障は不確実なものになってきました。また増税や世界的な経済不安もあり、年金以外の収入を自分で確保し、老後の準備を始める人が増えています。

老後の資産を残すためのアパート経営

老後の資産を残すための資産運用方法として、株式や信託などがあります。これらは少ない資金で始められますが、元本が保障されていないため投資資金がゼロになってしまうリスクもあり、安心はできません。。

一方、アパート経営は土地や建物という資産が残るため、投資資金がゼロになる心配はありません。しっかり計画を立てて資産運用をすれば、安定した収入をもたらしてくれる年金代わりの収入になるのです。

POINT

固定資産が残り、投資資金がゼロにならない!毎月の安定した家賃収入は、年金代わりの不労所得に。

生命保険の代わりに

アパート購入に組み込まれた
「団体信用生命保険」

アパート購入のためにローンを申し込む際、ローンには銀行の指定する「団体信用生命保険」が組み込まれている事があります。

この場合オーナー様に万一のことがあった場合、ローンの残額は生命保険によって完済され、ご家族には借金を完済したアパートと毎月の家賃収入が入ることになります。

そのため、月々何万円もかけて個人的に生命保険に加入しなくても、アパート経営そのものが生命保険の役割を果たすことができるのです。

(ただし、ケースバイケースになりますが相続税対策については、団体信用生命保険に入らない方が良いと考えます。)

POINT

オーナー様に万一のことがあった場合は、「団体信用生命保険」でご家族の生活を守る資産が残ります。

TOP