日本ハウスの考えるアパート経営

アパート経営をする理由として安定収入・資産活用・節税対策など目的はあると思いますが、
賃貸事業はローリスクで安定した資産運用できる数ある投資のひとつになります。

投資をお考えの皆様へ

アパート経営は事業です

アパートを建築してオーナーになり、アパート経営する事により毎月安定した家賃収入が見込めます。家賃収入は景気変動に左右されにくいため急激な収入変動が起きにくく、時間に拘束されない為、兼業としてサラリーマンの方でも始め易いのです。

時間を費やすことなく不労所得としての安定した家賃収入は、老後の資金や予期せぬ病気やケガ、介護等のリスクヘの備えにもなります。

ですがアパート経営は事業です。リスクを感じながら、正しい選択をすることを要します。良い点、悪い点を確認したうえで建築を考えてください。

空地

土地活用の場合(資産運用)

自己保有の土地を収益の上がる資産に変えることにより資産を減らすことなく承継することができます。アパートを建てることにより、相続税評価額を大幅に下げられ節税対策と安定した家賃収入が入ってきます。

資産運用について

土地購入の場合(資産形成)

家賃収入よりローンを返済しますので、手持ちの資金よりの支出がありません。アパート購入の借入により生命保険に入る場合は、ロ一ン残金は無くなり無借金の賃貸住宅が相続されることになります。また返済後は資産価値のある借金の無い土地と建物が手に入ります。

資産形成について

賃貸住宅としての資産価値

WPC工法が賃貸経営に適している理由

イメージ

日本ハウスのWPC工法で建てる賃貸物件は鉄筋コンクリート造です。鉄筋コンクリート造は他の構造と比べ法定耐用年数が47年と長く※、資産価値が下がりにくい特徴があります。長期にわたる節税対策や投資目的の新築物件や中古物件の売買。賃貸物件としての価値を高める間取りのリフォームなどは躯体の耐久性が100年を超える躯体を構造体としているからならではの長期にわたる運用資産です。

※木造の場合は20年もしくは22年。鉄骨造の場合は骨格材の肉厚が4mmを超えるものは34年、3mmを超え4mm以下のものは27年。

建物の耐用年数表はこちら

※国税庁Webサイトにリンクします

長年の実績と
蓄積されたノウハウ

施工実績が物語る賃貸経営

イメージ

日本ハウスでは10,000戸のWPC工法による鉄筋コンクリートのアパートを建築してきました。その中で過去に火を出した部屋以外に燃え移る火事は1件もありません。これは入居者様の安全はもちろん、オーナ一様の大切な資産を守ってきた安心実績になります。

日本ハウスはオーナ一様にサブリースや家賃保証を原則お薦めしておりません。

賃貸物件を適切な土地で適切な資金計画で経営することが空き部屋リスクヘの対策と日本ハウスは考えているからです。

TOP